概要

滋賀県高島市は、琵琶湖の西部に位置し、平成17年1月1日、マキノ町、今津町、朽木村、安曇川町、高島町、新旭町の5町1村が合併し、新市高島市として踏み出しました。県内最大の面積を有する本市は、市の面積のうち72%が森林であり、琵琶湖へ注ぐ水のほぼ3分の1を生み出す地域といわれています。
古来より当地域は京都・奈良の都と北陸を結ぶ交通の要衝として栄え、中でも陸上交通は比叡・比良山麓を湖畔に沿って走る西近江路や、塩漬けされた鯖を運搬する街道であったことから鯖街道と呼ばれる若狭街道が主となり、これらの街道と大津方面への湖上交通の拠点である港町や宿場町として栄えてきました。
気候的には、日本海側に近いことから冬季の寒さは厳しく、積雪量の多い日本海側気候となっています。また、秋季には「高島しぐれ」と呼ばれる降雨がしばしばあります。
また、近江聖人と称えられた日本陽明学の始祖、中江藤樹先生生誕の地として知られているとともに、数多くの高島商人(近江商人)を送り出した土地柄でもあります。
平成28年には、「高島市海津・西浜・知内の水辺景観」、「高島市針江・霜降の水辺景観」や「大溝の水辺景観」が「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」として「日本遺産」に認定されました全国にも類を見ない景観が多く残されています。

旧町村の個性と魅力

本市は2001年に5町1村の合併により誕生しました。
●旧マキノ町は日本遺産に登録された「海津・西浜・知内の水辺景観」をはじめ、2015年度関西紅葉ランキング1位に輝いたメタセコイア並木やマキノ高原、果樹園等の景観が広がっています。
●旧今津町はウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の歴史的建造物が並ぶ町並みがあり、また、滋賀県の出先機関や警察、消防、自衛隊、法務局、検察・裁判所などがある行政が集積しています。
●旧朽木村はかつて「朽木の杣」と呼ばれた木材の供給地としての森林が広がっています。また、福井県嶺南と京都を結ぶ鯖街道(若狭街道)があり、起源は1200年以上といわれています。通り沿いには若狭の海産物や鯖寿司などが味わえるお店がたくさんあります。
●旧新旭町は日本遺産に登録された「針江・霜降の水辺景観」の他、地場産業である高島ちぢみや高島帆布の生産拠点の街です。また高島市役所本庁があります。
●旧安曇川町は藤樹書院跡や現在の住民の生活を支える商業施設が集積しています。扇骨の生産量は全国の90%を占め、世界唯一の産地として海外に誇り得る竹手工芸品伝統産業となっています。
●旧高島町は日本遺産に登録された「大溝の水辺景観」をはじめ、旧城下町の町並みが今も保存されています。また、畑地区の「畑の棚田」は、滋賀県内で唯一「日本の棚田百選」に選ばれています。

気候・風土

年間を通じて湿度が高く昔から発酵に適した風土・気候です。琵琶湖で獲れる湖魚をはじめ多種多様な農作物も栽培され、豊富な農水産物に恵まれてきました。
また、京都と若狭を結ぶ街道沿いに位置していたことによる地理的・歴史的な要因もあり、今日までの長い歴史の中で鮒寿司等のなれずし、酒、酢、醤油、味噌といった多様な発酵食文化を培ってきました。
昔から高島ちぢみや扇骨、木工等、伝統工芸に携わる人々が多く暮らしていました。また、近年では陶芸や染織等、工芸に携わる市民による工房開きのイベントや、2010年より開催されている市内の多様な住民の暮らしぶりを見せるイベント「風と土の交藝」の開催が定着する等、アートや工芸関連する活動の機運が高まっています。

環境など

本市の一部は、福井県の大飯、美浜原子力発電所から30km圏内にあり、原子力災害対策を重点的に実施すべき地域と定めています。
また、地震については、琵琶湖西岸断層上にあり地震の確率は、
≪北部≫地震の規模:M7.1程度、地震発生確率:30年以内に1%~3%
≪南部≫地震の規模:M7.5程度、地震発生確率:30年以内は、ほぼ0%
となっています。(地震調査研究推進本部より)
※)高島市地域防災計画は市のホームページから見ることが出来ます。ここをクリックしてください。

高島市の課題としては、、少子高齢化に伴い、他の自治体と同様、人口減少が続いています。後継者不足による限界集落が増え、それに伴い耕作放棄も問題になっています。

高島市HP 市の概要

【教育】

【医療】

【コミュニティ】

市勢要覧「つながる、高島」

2015年1月、高島市は誕生して10年周年を迎えました。
今、市内ではさまざまな動きが芽生え、人々のつながりが生まれています。こうした動きの一端を捉え、歩み続ける高島市の魅力を市内外に発信するため、市勢要覧「つながる、高島」を発行しました。
人々の暮らしや新しい動きに焦点を当て、写真と短文で見やすく読みやすい内容となっています。

市内の図書館、公民館、公共施設等でご覧いただけます。また、【高島市秘書広報課】にて販売しています。
1冊 1,000円(消費税込・送料別)

高島市市勢要覧「つながる高島」PDF(前半データ)はこちらから
高島市市勢要覧「つながる高島」PDF(後半データ)はこちらから




車で、京都まで約1時間、大阪まで約2時間。
JR(新快速)で、京都駅まで48分、大阪駅まで78分。

便利でありながら琵琶湖と山々が広がり里山に集落が点在する“ほどよい田舎” です。
市街地にはスーパーや図書館が充実し、ほどほどの田舎暮らしが楽しめる一方、奥深い山の中では古民家を改修したり田畑を耕したり、自給的な暮らしを目指す若者たちも集まっています。








自動車をご利用の場合

●名神高速道路京都東ICから国道162号 約1時間
●北陸自動車道木之本ICから国道303号線・国道161号線 約40分
●北陸自動車道敦賀ICから国道 約45分

電車(JR)をご利用の場合

●京都駅から湖西線敦賀・永原・近江今津行 新旭駅下車 徒歩2分
●敦賀・長浜方面から湖西線経由京都駅行 新旭駅下車 徒歩2分