まずは一度、高島に遊びに来てください。来られた際には、地域の人や移住した人に出会い、
高島の良さや課題、暮らしについて聞いてみる
ことをおススメします。たくさんの人と交流
できるイベントなどに参加すると良いのですが、無理ならカフェなどで店員さんと話すだけ
でもいろいろな情報が得られます。

👇ダウンロード:高島で暮らそう!Handbook 平成29年版(4.9MB)(PDF文書)

 高島に来る前でも一度来た後でも、「定住したい!」という気持ちになったら、高島市役所へ定住相談にお越しください。(事前に電話で予約ください。電話相談も可能です。)初めて高島に来られる方には、地域の概要を説明し、希望される地域をご案内します。移住経験者の話を聞けるようにコーディネートもできます。定住相談では、高島のどこに魅力を感じて選ばれたのか、どのような仕事をされるのか、どんな暮らしを望んでいるのかなどをお聞かせください。
市内の協力事業者(宅地建物取引業者)さんと共に、空き家やアパート、市営住宅など、住まいの紹介もしています。「高島で暮らそう!」ホームページやFacebookでも情報を発信しています。

 高島市は広く、地域によって住環境が違います。季節ごとに訪れて、気候風土や景色、積雪量などを見て、地域の人たちにも話を聞いてみてください。駅やスーパー、病院、学校なども自分たちの目で確かめ、思い描くくらしができるのか、具体的に想像しましょう。
空き家の賃借や購入を考えられている場合、場所や広さ、価格など、優先順位を決めて、不動産会社に伝えると、分かりやすく情報も得やすいと思います。「理想的な住まい」を実現されている移住者の方は、高島に住んで地域に馴染みながら、何年もかけて住まいを探し見つけて購入し、リフォーム(セルフビルドを含む)されている方が多いです。理想の暮らしはゆっくり実現していく心構えが必要です。

 高島市には約200の自治組織があり、それぞれ区費などの負担金や清掃作業が異なり、助け合いながら地域づくりをしています。高齢化や担い手不足が課題である集落が多く、集会や行事に積極的に参加し、共に汗を流すことが、移住する人にも求められています。その土地に入るということは集落という大きな家族の一員になることです。地元の人達はその土地に心底惚れて、どっしり腰をおろしてくれるような人を待ち望んでいます。

お気軽にお問合せください。お問合わせフォームによるご相談は こちらのフォーム からどうぞ

ご相談時間は平日午前9時~午後5時迄です。土日祝については、事前にご予約ください。